浜松カメラ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本招き猫館

<<   作成日時 : 2007/01/07 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

浅間神社へ来たついでに、近くにある「日本招き猫館(日本人形博物館も兼ねてます)」へ行ってみました。本物の猫はいないけれど、ネコの話ということでお許し下さい。

最初HPを見たときは、某テレビ局でやっている探偵○イトスクープとか、○形金太郎に出てくる様な、非常にシャビーな所ではないかと内心ハラハラしていたんですが、行ってみると・・・ますます不安が・・・

 駿府城公園西側の道路で沿いで、裁判所の西側と言えば判るだろうか。ちなみにナビだと「日本人形博物館」で検索できました(2007年版Panasonicの地図)。
 入口で写真を撮ってると、わざわざ中から館長(?)がおさそいの言葉。ますます帰りづらくなってしまいました。入場料600円を払い中へはいると、まずは館長自ら説明がある(この時点ですでに○偵ナイト○クープの乗り)。あとは自由に見学させてもらえる。写真も自由にとっていいということだったので、遠慮無く撮らせてもらいました。それでもフラッシュだけは貴重な品もあるので遠慮しましたけどね。

 お正月ということもあって、正月飾りと羽子板展が併設されていました。そして、肝心の招き猫は一番奥にあって、あまり大きな物はありませんでしたが、とにかくたくさんあります。古い物から新しい物、日本各地のモノから、世界中のネコモノまで。ネコ好きならみんな欲しくなる様なモノばっかあります。

 個人経営の小さな博物館ですが、収蔵品は非常に多いです。しかも全てではなく半分くらいだそうで、確かに個人の趣味の領域を超えております。見てみて後悔はしないかな・・・

羽子板の展示
画像


花巻(岩手)の泥棒ネコ?
画像


ちっちゃいものも多数
画像


上の方に猫ちぐらもある
画像


栃木だけに、東照宮の眠り猫だろう
画像


※駐車場も一応あります。2台分ですが、いつ行っても多分大丈夫でしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本招き猫館 浜松カメラ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる