浜松カメラ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡県富士宮市 狩宿の下馬桜

<<   作成日時 : 2007/04/08 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 下界の桜は満開のピークを越えたのと、やはり銘木を求めて富士宮まで来てしまいました。

 富士山のふもとの町、富士宮市にある有名な桜。その昔、源頼朝が馬を枝につないだことから「狩宿の下馬桜(別名:駒止めの桜)」と呼ばれるようになった。ということは、その時すでにそこそこの大きさがあったはずだから、単純計算しても850年以上生きていることになる。
 場所は、白糸の滝の南側に位置し、旧139号線を北上していけば、看板が立っている。周囲は菜の花畑になっていて、いやでも期待に胸がふくらんでくる。日曜だというのに駐車場は思ったほど混んでいない。桜以外に特に観光名所が何もないので、一通り見たらみんなさっさと帰っていくようです。

 さて、桜は本陣の庭の前にあり、まさに満開といってもいいくらいの状態。アカメシロバナヤマザクラ(赤芽白花山桜)という種らしく、花と一緒に赤い葉っぱが出ている。そのせいかもう満開過ぎだと思う人もいるようだ。
 地元の農家のおじいさんの話だと昔は、もっと大きくて目まわり(幹樹の太さではない)10mくらい合ったんだが、昭和26年の台風で右側の方が折れたそうです。それでも新しい枝が伸びてきているので、また大きくなってくれるかもしれません。

 この下馬桜の他にももう一本桜があって、こちらも満開なら綺麗そうですが、すでに散りだしていました。菜の花と一緒に撮るなら、こちらもいいかもしれません。また、高麗門や、茅葺きの家が、桜のバックでいい雰囲気を出してくれます。門をくぐると、普通の民家でちょっと拍子抜けの感はありますが。

 久々のいい天気でしたが、残念なことに富士山はほとんど見えない状態なので、桜と富士という構図は無理ですが、大変満足行く桜でした。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



本日の撮影機材
カメラ:Nikon D80
レンズ:18-70mm/F3.5-4.5 55-200mm/F4-5.6
※うっかりして偏光フィルターを付けるためのステップアップリングのサイズを間違えた。本来は、52→58mmが必要なのに、55→58mmが入っていた。昨日はオリだったのでそのまま持ってきてしまった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡県富士宮市 狩宿の下馬桜 浜松カメラ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる