浜松カメラ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 浜松エアフェスティバル2008

<<   作成日時 : 2008/10/05 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

昔とった何とやら・・・
飛行機撮影なんて、十年ぶりくらい? いやもっとかな・・・

前回飛行機を撮ったのは、やっぱりここ浜松基地。たしかまだT-2ブルーインパルス時代だったはず。だからT-4ブルーインパルスは、なんと初めてなのである。
今年は、北基地での開催なので、我が家からだと歩いていくには距離がある。南なら歩いていけないこともないが、基地内での歩行を考え多少なりとも体力温存。高丘の臨時駐車場に車を止め、北ゲートより入場
9時開門の予定なのだが、8時過ぎにして、駐車場は7割がた埋まっており、ゲートもとっくに開いている状態。中の屋台もすでに準備万端!いつでもいらっしゃい状態。
たしか、パンフレットやWebの案内では、脚立やレジャーシート、椅子の持ち込みは禁止と書いてあったはずなんだが、ブルーインパルスの前ではすでにレジャーシートや椅子が並んでいるではないですか??? まじめに守った私がなんとなく損をした感じがしないでもありませんが、まあ空飛んでしまえば、不安定な脚立に乗る意味もないので荷物の軽量化という意味では助かりました。

ブルーインパルスといえば、初代のF-86F(通称ハチロク)ブルーインパルス時代から、T-2にかけては、日本中あちこち行ったもんです。ハチロクの引退飛行(入間)や、T-2のお披露目(松島)、謹慎明けの公式フライト(各務原)も撮りました。社会人になってからは、今の浜松カメラ通信の路線がメインになっていますが、腕はまだまだ衰えていないかな?なんせ昔は、手ぶれ補正はおろか、オートフォーカスすら無かったのである。さらに、36枚ごとにフィルムを変えなければならなかったし、現像台も高かったので、フィルムも大事に撮っていましたっけねえ。なんてノスタルジックに浸っている横で、EOSのダダダダダ・・・という軽快な音で数十枚も連射しているおっさん。思わず、無駄だまを打つんじゃねえ!と心のなかで叫びつつも、素人でも簡単に飛行写真が撮れるいい時代になったものだと感心してしまいました。ただし、金さえかければという枕詞が必要ですが。

午前中のT-4の展示飛行が終わったので、早めにお昼ご飯にし、ブルーインパルスのフライトまで休憩。それにしてもすごい屋台と売店の数。今流行のB級グルメがみんなありそうな感じ。どれもおいしそうだから困る。仙台黒豚ソーセージというのが飛び切りうまかった。基地内ということでビールが売っていないのが残念で仕方がない。
食事中、ちょっと雨がぱらついたが、すぐやんだのでその後のスケジュールに変更もなし。

1時からのブルーインパルスのフライト。久々だけにちょっとドキドキ。機体が違ってもブルーインパルスを見ると昔のカンがだいぶ戻ってきました。
聞き取りにくい会場のアナウンスを頼りに、編隊の来るほうを探す。オートフォーカスといえども300〜600mm相当のレンズともなると結構きつい。とりあえずカメラ任せで、えーいままよ! 右か?左か? 後ろかあ!
久々に楽しい撮影ができました。結果はさておき・・・

ブルーインパルスを見て、帰路に着くわけですが、このあたりからみんないっせいに帰るので、すごいことになります。時間に余裕のある方は、是非展示終了までいたほうがいいかもしれません。そのほうがゆっくりと飛行機が見れます。

F-2のコックピット部
画像


救難隊の三羽烏
画像


F-2のフライト
画像


AWACS(E-767)
画像


美保基地のC-1は鬼太郎がトレードマーク
画像


E-767の親子?(ちゃんとレーダー回ります)
画像


ただいま基地内哨戒中!
画像


かわいいもの その1
画像


かわいいもの その2
画像


かわいいもの その3
画像


今から行って来るぜ!
画像


本命登場!
画像


気合十分!
画像


スモークチェック
画像


来ました!
画像


基本のダイヤモンド体系
画像


ソロの背面
画像


もうひとつソロ
画像


デルタ体系

画像


今回の撮影機材
 カメラ:Nikon D80 OLYMPUS E-510
 レンズ:Nikon 18-200mm/F3.5-5.6
     OLYMPUS 70-300mm/F4-5.6 11-22mm/F2.8-3.5

今回の反省事項
ニコンの18-200mmは、手ぶれ補正がオートで流し撮りモードになるのですが、オリンパスはボディ側に手ぶれ補正があり、そいつのモードをIS2にしなければならないのをすっかり忘れていて、背景はきれいに止まっているのに、肝心の飛行機がぶれているものばかり・・・(泣) 逆に考えると、600mm相当でも手ぶれ補正が十分効くということがわかりました。
ついでながら、E-520は3点AFということもあり、コンティニュアスAFにしていても、側距点から外れると、いったん近距離までピントを動かしてから遠距離に合わせ直すので、飛行機を見失ってしまうこともしばしば。やはり、E-510に動体撮影は無理か。
ちくしょう来年はリベンジだ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして! 噂には 聞いていましたが 
「浜松基地」の 「エア フェスティバル」の 写真を 見させて もらいました!( 「自衛隊好き?」の 友人は よく・・行くみたいですが・・・・) ちなみに わたしの ブログで 少し前に 「エアーショー ねた(他人の 写真を 勝手に 『利用』・・・しただけ ですが・・・・・)」 を してましたので・・・・よろしければ・・・見てください! 
432R
2008/10/14 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
浜松エアフェスティバル2008 浜松カメラ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる