浜松カメラ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡市 日本平動物

<<   作成日時 : 2009/01/24 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

このところ動物園づいています。せっかく静峰園まで来たので・・・

 静峰園のすぐそばにある日本平動物園。文字通り日本平の麓にある動物園です。ここに来るのは久しぶりで、2年ほど前に来たときはお休みでしたから、10年以上前ということになります。
 駐車場代400円、入園料が500円/大人と浜松や豊橋に比べると割高な感じがしますが、この料金でいろんな動物が見られるというのは、やっぱり安いですよね。

 動物園というのは、今転換期にあるらしく、やたらと工事中の所が多いです。ここも例外ではなく、園内中央に新しい猛獣館を建設中です。そのおかげで、ヒョウやライオンたちが、仮設住宅で暮らす被災者のように別の檻で仮住まいの状態。来年春に完成予定なので、しばらくは我慢してちょうだいね。
 ここでの一番人気は、シロクマのロッシー君。ロシア生まれで、まだ一歳半。昨年来たばかりのやんちゃ盛りで、寒い中一生懸命泳いでおりました。まあホッキョクグマなんで寒いのは得意なんでしょう。プールの端まで泳いでいって、そこでターンした後は鈴木大地ばりのバサロを披露。でも一匹でかわいそうですね。早くお嫁さんを見つけてあげて下さい。絶滅危惧種でもありますから・・・
  もう一つの人気者、レッサーパンダも元気いっぱい。シュウシュウ(オス)とナラ(メス)の娘クウも元気いっぱいです。ここは柵が無く、手を伸ばせば届きそうなくらい近くで見られるのはとってもいいですね。

ジャガーと黒ヒョウが相部屋生活。
画像


クモザルの親子
画像


あっしになにか御用ですかい?
画像


ちびレッサーパンダのクウちゃん
画像


ホッキョクグマのロッシー

画像


 夜行性動物館では、赤色灯の照明がそこそこの明るさがあるので、E-30でAFが可能。ISO800まで上げて、露出補正-1で、1/8〜1/25秒程度。これならじっとしていてくれれば、手ぶれ補正でなんとか写せます。赤い光が、なんともいい雰囲気。
 野鳥も外の檻の中では、檻が写ってしまいますが、野鳥園内では、直接もしくはガラス越しで写せますが、やはり外に比べると暗いので、高感度が必用です。

スローロリスは動きが遅いので、暗くても撮れます
画像


笑っていませんが、ワライカワセミ
画像


メジロもここならこんなに大きく撮れます
画像


ペンギンの編隊飛行

画像


ひと頃の動物園と違って、最近は面白くなってきました。今年は、各地の動物園巡りでもしてみるかな。誰ですか?どこに行っても同じ様な写真ばかりって言う人は。

今回の撮影機材
 カメラ:OLYMPUS E-30、E-510
 レンズ:70-300mm/F4-5.6 25mm/F2.8
望遠をE-30に付けて、動物以外のスナップ専用に、E-510+25mmを首にかけて回っていました。夜行性動物では、25mmをE-30に付け替えて撮影しましたが、このコンビは以外と便利です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡市 日本平動物 浜松カメラ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる