浜松カメラ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS はままつフルーツパークでアートフィルター Part 3

<<   作成日時 : 2009/02/01 17:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なんだかんだと、もう2月になってしまいました。ここ数日暖かい日が続いたので、梅が見頃になってきています。

 見頃とは言っても早咲きのものが主で、静岡西部地区で現在見頃なのは、ここフルーツパークの梅園くらいですかね。他はまだ咲き始めの所が多く、見頃はやはり中旬くらいからでしょう。
 フルーツパーク梅園のある斜面は日当たりがいいせいか、全体では5〜6分咲きくらいですが、個々の木で見ると、ピンクのものを中心にすでに7〜8分咲きといっったものが見られ、写真には丁度いいあんばいです。
 天気が良いせいもあって、ポチポチとカメラマンが見られますが、あんまり一般の人は見られません。年寄りと子供はチューチュートレインか、梅園横のエスカレーターで登りながら見られれば満足なんでしょうかね。馥郁とした梅香の香りを楽しむなんて風情もへったくれもあったもんじゃあない。もっとも今の時期、周りは赤くなった杉の木ばかりなので、花粉症の方は一刻も早く通り過ぎたいのかもしれませんね。ご愁傷様です。

 そんなわけで、カメラマンにとっては撮影に集中し易いというわけです。カメラマンの数も少ないし、思い思いにお気に入りの木を見つけては、カメラを向ける風景が春らしくていいですね。
 少々風がありますが、良い天気なので、まだ使っていないアートフィルターからファンタジックフォーカスを試してみました。
 ファンタジックフォーカスの特徴は、いわゆるソフトフォーカス効果なんで、非常にイメージしやすいです。露出もやや飛び気味になるくらい、プラス補正すると、より効果が期待できます。これに限らず、全てのアートフィルターに言えることですが、露出補正やホワイトバランスがいじれるのと、プログラムシフトを使えば、絞り優先的な使い方も出来るので、組み合わせれば、意外とクリエイティブな撮影も出来るので、なかなか奥が深いです。

まずは通常撮影
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


ファンタジックフォーカスの作例
画像


画像


画像


本日の撮影機材
 カメラ:OLYMPUS E-30
 レンズ:14-54mm/F2.8-3.5 70-300mm/F4-5.6 35mm/F3.5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はままつフルーツパークでアートフィルター Part 3 浜松カメラ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる