浜松カメラ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡県磐田市 見付宿

<<   作成日時 : 2009/04/26 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東海道五十三次の28番目に当たる宿場町へ行って来ました。

 妻の小説の取材のお供を命じられたわけですが、宿場町なので被写体もたくさんあるだろうということで、二つ返事で了解。かなりの歩きになるため、カメラは妻からもらったμをメインにして、サブに、これまた過去に妻からもらったD40に35mm一本だけで撮り歩いてみました。
 ルートは、磐田駅→府八幡宮→国分寺→西光寺→赤松邸→見付宿・見付学校→見付天神→つつじ公園 と回ってみました。途中行ったり来たりしながらの珍道中となりました。
 この日は、特に狙ったわけではないのですが、「見付楽しい文化展」とわくわくウォークというイベントが開催されていて、珍しく観光客がたくさん。お寺や商店街でも、いろんな展示があったりして、嬉しい誤算。おかげで楽しいウォーキングになりました。
しかし誤算だったのは、つつじ公園のツツジがほとんど終わっていたこと。歩道の植え込みや中央分離帯のツツジは、真っ盛りだというのに・・・


磐田市のシンボルツリー 巨大クスノキ
ここに限らず、あちこちに楠の巨木があります。
画像


国分寺跡は、今お花畑になっています。
画像


西光寺のご本尊
画像


今頃吊るし雛をみれるとは
画像


時計屋さんでもアート展示。
土産物屋さんで売っていてもおかしくないのですが、
無料で配っています。
画像


昔の煙草工場の跡です。
μのパノラマ機能で撮影
画像


赤松邸は、ちょっと北になりますが、是非寄りたい。
画像


赤松邸の庭で見つけたアゲハチョウ
画像


至るところに蔵のある町です。
画像


見付学校は、奥まったところにあります
中には、なつかしい雰囲気がいっぱい
画像

画像画像


淡海国玉神社(見付学校横)は、狛犬ならぬ狛兎です。
画像


通りにも、見付を代表するものがタイルになっています。
画像


慈恩寺でも吊るし雛が展示
画像


見付天神の悉平太郎像
画像


三代目 悉平太郎ことタロウ
しかしおまえ、苦手なもの「ひひ、さる」って?
そんなことでは立派な悉平太郎にはなれんぞ!
画像


ツツジ公園で、わずかに残っていた、満開のツツジ
画像


もうじき5月ですね
画像


今回の撮影機材
 カメラ:OLYMPUS μ-9000
     Nikon D40+35mm/F1.8

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡県磐田市 見付宿 浜松カメラ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる