浜松カメラ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡県榛原郡 寸又峡

<<   作成日時 : 2011/11/26 21:46   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

遅れていた紅葉もそろそろ終盤戦なのかな。いや今が本番といったところも多いですが、今日は、ハイキング兼ねて、寸又峡へ行ってきました。

 それにしても、久々の寸又峡だな。前に来たのは、かれこれ十年以上も前のようです。フィルム時代だったので、ろくな記録が残っていない。ということは、デジタル初というか、浜松カメラ通信でも初の紹介になるんですね。

 昔から変わらないのは、千頭から寸又峡温泉までの道の狭さ。観光シーズンということもあって、所々、交互通行になっています。なので、時間に余裕は持っていったほうがいいですよ。この交互通行は、結構待たされます。その代わり、対向車の心配がいらないのは助かります。寸又峡の駐車場は、かなりたくさんあるので、行ってしまえば特に心配はないでしょう。
 昔と同じく、水車のある第3駐車場へ車を止め、歩いて温泉街を通りぬけると、一般車通行止めのハイキングコースの定番「寸又峡プロムナードコース」へ出る。
 天子トンネルを抜けるとダム湖が現れる。残念ながら今日は、いつものエメラルグリーンの水面ではなく灰色。ダム方面から川の方へ下り、夢の吊り橋へ。この吊り橋は一方通行になっていますので、怖くなっても途中で引き返すことはできない。そして橋を渡り切ると、今度は展望台までの急な上りが続きます。デスクワークで訛った体には少々こたえますが、空気がいいので気持ちいいです。ここを登り切ったあたりが、ちょうど紅葉の綺麗なところ。展望台で一休みして、飛龍橋の方へ進む。下の方はそれほどではありませんが、上を見上げると綺麗な紅葉が陽にあたり輝いています。飛龍橋からの景色もなかなかいいですね。あとは、道なりに進むだけですが、ここはひたすら歩くのみ。昼近くなったせいか、バスツアーらしき団体客がたくさんすれ違うので、やはりここもいっぱしの観光地だったのだと思い出しました。いや〜それにしても多いな!
 一歩きしたので、土産物屋で試食をつまみつつ、早めのお昼を食べて帰りました。シーズンのせいか、温泉街も書きがあるように感じました。いつかここで泊まってのんびりしたいもんですね。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


本日の撮影機材
 カメラ:Nikon D7000
 レンズ:18-125mm/F3.8-5.6


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡県榛原郡 寸又峡 浜松カメラ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる