大道芸ワールドカップ in 静岡 2018

画像

今年もこの季節が来ましたね。静岡の一大イベント、大道芸ワールドカップ!
10年ぶりに行ってきました。

 各会場とも11時過ぎからなんですが、過去の経験から10時前には車を止めないと駐車場探しで大変になるので早めに出発。首尾よく常磐公園側の駐車場に入れて青葉シンボルロードを歩いてインフォメーションを探す。ここで投げ銭のための両替とガイドブックを入手する。各ポイントのスケジュールは、ネット等では公開されず、このガイドブックを買わないとわからないようになっている。うまいこと考えたものである。で、このガイドブックが550円なのだ。もちろん県内のコンビニなどで事前入手することもできる。
 今回は大物中心に見るということで、駿府城公園をまずは目指す。こちらでは空中技を中心にしたアクロバティックな演技が多い。その分見物客も多い。さらに人が歩くと(もちろん自分もだが)砂ぼこりが舞うので、知らぬ間にカメラが真っ白になっていたりする。
 ここではフードコートが充実していて様々屋台が出ている。もうここだけで一日いられるくらい。ちょっと人混みに疲れたら、150円払って紅葉山庭園に入れば別世界のような静かな空間で癒やされます。ここでちょっと一休みして後半戦へ
 帰りがてら市街地へ行き、呉服町通りで路上パフォーマーたちを見物。こちらはこちらで距離が近い分より楽しい。
 だいぶ暗くなってきたけど青葉シンボルロードのパフォーマンス会場はまだまだ人混みで溢れている。ナイトパフォーマンスは20:30まであるらしい。
 パフォーマンスも素晴らしいが、観客もみんなマナーがいいのがここの特徴。しかし投げ銭をするのは人混みをかき分けていかなければならないので一苦労なのが難点。
 一日では見きれないほどだが、楽しく美味しい休日になりました。しかしよく歩いたね。


イケメンのなる木
画像


これをやっているところは下の写真
画像


中国雑技団の真骨頂
画像


火を使ったジャグリング
画像


たった一人でやるアクロバット
画像


美男美女の空中技
画像


画像


こちらは女性二人による空中あやとり
画像


市街地も盛り上がっています。後ろの方にも怪しい人が
画像


賑やかさと華やかさを振りまいてくれるプリコロハウスの三人
画像


カメラに入り切らないほどでかいカバ
画像


これぞ夜に映える大道芸!
画像


こちらも美男美女のアクロバット
画像


今回の撮影機材
 カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1、E-M1Ⅱ
 レンズ:14-150/4-5.6 50-200/2.8-3.5 12-40/2.8
 カメラはE-M1の新旧コンビで、望遠はあえて古い50-200/2.8-3.5をMark2に付けてみた。40-150/2.8より50mm長い分撮りやすい。連写速度は落ちるがC-AFも使えるし、防塵防滴なのも砂埃舞う駿府城公園ではうってつけだった。バックアップで14-150mmを旧E-M1に。そして夜間の街中は12-40/2.8をMark2でという使い分け。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック