浜名湖花フェスタ 2019

画像

今年も花フェスタが始まっています。やっと見頃になった桜を求めてまずはフラワーパークから。

 どうも桜というとソメイヨシノを基準にする風潮が日本人にはあって、早咲きの桜は別ものという位置づけのようである。故に花見のはソメイヨシノと決まっているかのような世間の風潮にはちょっと意義を申し立てたいのだがどこに言っていいのかさっぱり検討もつかないし、こんな気持のいい季節にあーだこーだ言ってもしょうがないので素直に世間を受け入れることにしたい。まあ、気候的に花見にちょうどいいのだからいいじゃないか。
 今年は開花は早かった割に、満開まで時間がかかり花見の予定がなかなか立たない人も多いのではないだろうか。かくいう我が家も先週一泊で花見旅行の予定だったが、全てキャンセルしてしまった。
 それで、やっと今週がピークということでまずは近場のフラワーパークへ。天気のいいのは土曜日で日曜は崩れるという予報から大勢の人が予想されるので早めに行く。8時半だと言うのにすでにフラワーパーク手前から渋滞の様子。今回はフラワーパークのあとお昼を舘山寺のホテルで取る予定だったのでセットの入園チケットを先にホテルに取りにゆかねばならないが、ホテルはフラワーパークの先。勝手知ったる地元民の裏道を利用しフラワーパークを迂回しホテルへ。すばやくチケットを受け取ったらフラワーパークへ戻るが幸い駐車場へは左折で入れるため渋滞を避けることができた。それでもだいぶ奥の方になったが駐車場出口には近い方ではある。もう30分も遅くなると遠くの臨時駐車場になるので大変だ。駐車場は入れても今度はチケット売り場に並ばなければならないが、これも入手済みのためパス。ということで思いの外すんなりと入ることができました。
 中は、花見シーズン特有の混み具合。それでも園内は広いので自由に散策できます。いつものように入って左手の梅園方面から下りていき、チューリップ広場と外周の桜を楽しみ池の外周から日本庭園、桜トンネルを通って上に登り温室を見て戻るというパターン。チューリップの配置なども毎年見直しているのか変化があり新鮮さを保ってます。桜もまさに満開ですでに八重桜まで咲きだしているので容赦ない綺麗さです。その分満開期間が短くなってしまうのかもしれませんが今そこにある春を楽しめばいいんです。
 天気といい今日が最高の見頃だったのは間違いないですね。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


今回の撮影機材
 OLYMPUS OM-D E-M1Ⅱ+12-40/2.8
 OLYMPUS OM-D E-M1+40-150/2.8
 いつもの2台体制と組み合わせを変えて、Mark2に標準ズームを組み合わせてみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック