浜松カメラ通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊豆の玄関、沼津・三島

<<   作成日時 : 2008/03/09 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

河津桜まつりを紹介するつもりでしたが・・・

妻の授賞式(伊豆文学賞)の関係で沼津へ一泊旅行。翌日は、河津まで足を伸ばして最後の河津桜を見るつもりが、(今年は寒波のおかげで例年より開花が遅れたためぎりぎり間に合ったのですが)ここへ来て遠いということで、却下されてしまいました。
そんなわけで、沼津近郊の名所をご紹介。

沼津というと、やっぱり海産物、特に干物が有名。名所じゃなくて名物じゃんっていう突っ込みは無しね (^_^;
なのでやっぱり魚市場ははずせないのですが、朝早くはやってないのでまずは、沼津御用邸(正式名称は沼津御用邸記念公園といいます)を見物。
一応、昨日時間があったら見ようかと思ってたんですが、沼津インターからの大渋滞のおかげで時間が全くなくなってしまったのですが、回り回って見物コースに戻ってきてしまいました。
朝9時開園なので助かります。おまけに園内・邸内共に写真OK!
庭は梅が見頃で、茶席などがあります。また邸内ではお雛様が飾られています。
御用邸というと、天皇家の権力の象徴とも言えるのですが、決して絢爛豪華というわけでもなく、今となってはただの文化遺産(遺物)ですね。
昔は、防波堤なんか無かっただろうから、直接海なんかも見えたんじゃないかな。今では松林くらいしか見えません。

さて、時間も丁度良くなったので、港近くの魚市場へと移動。いわゆるせりをやっている所ではなく、観光用の土産物屋や食べ物屋が並んでいる所です。
天気が良いせいもあって、お店の前では多数の魚が今まさに干物になっている最中。日曜日ということもあってたくさんの観光客で賑わっています。
さて、見ているだけではつまらない。ろそろお腹も空いてきたのでお昼にすることに。表通りのきれいなお店のメニュー写真が食欲をそそるのですが、お値段も観光地価格。まあ内容を考えれば高いわけではないのですが、産直にしてはいかがなものかと。
結局ちょっとそれた通りにあった本日のおすすめ「ブリの刺身定食800円」という看板に引かれて入ったお店は、おしゃれでもないし狭いけれど、常にお客さんでいっぱい。丁度テーブルが空いたところだったのでラッキー。私の目(いや鼻か?)に狂いはなかった。ブリの刺身は絶品でした。
お腹も良くなったし、お土産でも買って次へ・・・

でやって来たのが沼津のおとなり三島である。ここには有名な富士山の伏流水が湧き出る。柿田川湧水群があるのである。その柿田川公園は国道一号線沿いなので判りやすいが、交通量の激しいところでもある。ナビの言う通りに行くと反対車線側になるので、一旦南側から回り込み左折で駐車場には入れるように変更。昔は駐車場を探すのに苦労した記憶があるんだけれど、今回はすんなり見つけられた。公園東側にあるんだが、その周辺は見事に観光地化していたのには驚いた。昔はこんなの無かったはずだが。おまけに近道と書いてある方を抜けると結局国一に出るだけだった。
公園の西側に展望台が2箇所有り、こちらから柿田川の水野湧き出るところが眺められるようになっている。この景色だけを見ていると、国道脇の公園であることを忘れてしまいそうなくらい綺麗な眺めである。
もっと時間があるなら、じっくりと歩き回るのだが、今日は年寄りを連れていることもあって適当に切り上げる。

河津の桜は見れなかったけれど、早咲きの桜が桜が咲いていたのでまあ良しとするか。

まずは御用邸の梅
画像


久々のナイスショット
画像


おひな様飾り
画像


こちらは吊し雛
画像




魚市場であったネコ
画像


干物らしくなったアジ
画像


こちらはこれからのイカ
画像



柿田側公園の桜
画像


第一展望台からの眺め(左が湧いているところ)
画像


第二展望台
画像


公園で会った三毛猫

画像



本日の撮影機材
 カメラ:OLYMPUS E-510 E-300(久々の登場!)
 レンズ:14-54mm/F2.8-3.5 70-300mm/F4-5.6
 ※持っていったのは 11-22mm/F2.8-3.5 14-42mm/F3.5-5.6
  河津桜用に2台フル装備にしたんだけど (--、)ヾ(^^ )

E-300は、青空バックに桜を撮るには最高の色が出せるので持っていたんだが、ほとんど出番無しでした。ボタンの配置がE-510とだいぶ異なるので、結構戸惑いますね。おまけに1.8inの液晶だとメニューの字が小さく見えにくいし。オリの2台体勢は結構厳しいなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊豆の玄関、沼津・三島 浜松カメラ通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる